割引クーポン 防犯カメラ用 ポール取付用ブラケット ホワイト その他

『ドラゴンボール』といえば、単行本が42巻まで続いた大作として有名。長い連載の中で、ファンにしか伝わらないような細かい描写が数多く存在する。そんなドラゴンボールの「細かすぎて伝わらない名シーン」が、ネット上で話題に上がっていた。

歌心溢れる名曲をクラリネットで美しいピアノ伴奏とともに CD付(クラリネット曲集 /4947817

続いて話題に上がっていたのは、悟空とベジータが“自決”を決めた時に発したセリフ。2人とも息子を持つ立派な父親だが、この世を先立つ事に後ろめたさがあったのかもしれない。悟空は息子の悟飯に対して「母さんにすまねえっていっといてくれ」、同じくベジータも「トランクス… ブルマを… ママを大切にしろよ」と発言。普段「チチ」や「ブルマ」と呼んでいる2人だが、息子の前では呼び方を変えているところに“エモさ”を感じているファンは多いようだ。

最後に紹介したいのは、“エロ仙人”こと亀仙人が発したセリフ。普段はスケベでお調子者な老人だが、“武天老師”と呼ばれるほどの実力を持っている。そんな亀仙人が修行中の悟空とクリリンに対して、「武道を学ぶことによって心身ともに健康となり それによって生まれた余裕で 人生をおもしろおかしく はりきって過ごしてしまおうというものじゃ」と諭す。普段はだらしないからこそ、亀仙人の“人格者ぶり”に感銘を受けた人は多いのかもしれない。

(文=ザ・山下グレート)

究極の鉄 フライパン リバーライト 極 JAPAN アジア鍋 zk

コメントを残す サフランケア スタイラー 消臭剤 ほのかな香り R 400mL10

(お取り寄せ) 木管7重奏 小組曲よりI.(木管アンサンブル /4540631073388)